未分類

アドラー心理学と古典的フロイト心理学との違いとは?

Pocket

アドラー心理学と古典的フロイト心理学との違いとは?

同じ時期に提唱され、三大巨頭と言われるアドラー心理学とフロイト心理学は、どのように異なっているのでしょうか。比較すると、両者の違いがよくわかります。

           アドラー              フロイト
人間は社会的存在

・社会への所属欲求が人間行動の源泉

・集団の中に自分の居場所を見つけることを目指して行動

人間は動物的な存在

・動物的本能が人間行動の源泉

・本能的衝動に突き動かされて行動する

人間行動の目的を理解する

・全ての人間行動には目的がある

・行動の目的は未来にある

・人間行動は未来に向けての創造的な活動といえる

・人間には選択・決断の自由がある

人間行動の原因を理解する

・全ての人間行動には原因がある

・行動の原因は過去にある

・人間行動は衝動への受動的な反応である

・人間は本能や環境の犠牲者である

人間は分割できない全体である

・意識と無意識は協力して目標を追求する

・人間の心の中に葛藤はない

人間は部分の寄せ集めである

・意識と無意識は矛盾対立する

・人間の心の中には常に葛藤がある

人間精神は基本的に合理的である

・人間は目的のために感情を道具

・目的を知れば感情は制御できる

・無意識は信頼できる

・理性は強力である

・人間は素晴らしい

・楽観的

人間精神は基本的に不合理である

・無意識が感情をつくり、人間に行動を強制する

・感情を制御することは困難

・無意識は悪の源泉

・理性は無力である

・人間は無力

・悲観的

個人と社会は基本的に調和する

・社会は人間が幸福に生きるための場

・人間は共同体に貢献して生きるときに幸福になれる

個人と社会は基本的に対立する

・社会は個人の要求や衝動の満足を禁止しようとする

・人間は社会と妥協して生きるしかなく、本当に幸福にはなれない

アルフレッド・アドラーの生涯

●医師を経て、独自の個人心理学を生み出した

アドラー心理学の創始者であるアルフレッド・アドラーは、1870年、オーストリアの首都ウィーン市の郊外に生まれたユダヤ人です。アドラーは、ウィーン大学の医学部を卒業したのち、眼科・内科・精神科の医師をしていました。 その後、精神分析の創始者であるジグムント・フロイトとの交流を経たのち、アドラーは、独自の「個人心理学」と呼ばれる理論体系を構築しました。これが、今日のアドラー心理学と呼ばれるものに発展したのです。

やがて、第1次世界大戦があって、オーストリアは敗戦国になり、急速な民主化の中でさまざまな問題が起こりました。そのような中で、アドラーは、特に教育分野にも力を注ぎ、ウィーンに世界ではじめての児童相談所を設立し、実験的な学校の運営にも貢献していました。

●アドラー心理学は、精神医学・教育・ビジネスの分野でも生きている

1937年、彼が67歳のとき、講演で出向いたスコットランドの路上で、心臓発作により急死しました。その後も、アドラーの理論と実践法は弟子たちに引き継がれ、現在では、精神医学、心理学、社会教育、学校教育、家庭教育など、幅広い分野に浸透しています。 日本でも、近年では教育の分野にとどまらず、ビジネスの分野にもその効果が実証され始めています。今後はますます、人間の抱えているあらゆる分野の課題において、アドラー心理学の理論や実践法が生きてくることでしょう。

-未分類

Copyright© アドラー心理学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.